八木酒造株式会社

ピックアップ

当社のおすすめ商品をご紹介します。


純米酒】 菩提もと 升平

精米歩合 酒母(ヒノヒカリ)  60%
掛米・麹(山田錦)  70%
アルコール       15度
日本酒度       +6
酸度          1.7
アミノ酸度       2.0

■菩提もと純米酒とは

 現在、一般的に飲まれている清酒(モロミを布で濾し酒粕と液に分けられた、
透き通った酒)が初めて造られた場所、すなわち日本清酒発祥の地は【奈良】で
あると考えられています。
 時代は室町時代までさかのぼりますが、いわゆる戦国時代中期、奈良の寺院を
中心に酒造りが盛んに行われていました。その酒造りの中心を担った地の一つが
奈良市にある「正暦寺」でした。
 かつて酒の一大生産地として隆盛を誇った奈良でしたが、大名の領地政策・社会情勢の変化や、政治の中心が江戸に移されたたことなどから、徐々にその生産量は減少していきました。
 そして昭和から平成にすすむにつれ、清酒の消費が下降していく中、奈良県内の
酒造関係者・研究機関・大学等の有志が集まり、いにしえの奈良で初めて造られた清酒を復活させようという動きが起こります。
 古い文献をひも解き、かつての製造方法を研究し、酒造りの絶えた正暦寺境内に今なお土着するいくつもの酵母、乳酸菌を採取・培養しました。
 そこから優秀な「正暦寺乳酸菌」・「正暦寺酵母」が発見され、1999年、酒母の
製造免許がおりた正暦寺の敷地内で、およそ700年ぶりに菩提もと(酒母)造りが
復活しました。

 「菩提もと純米酒」はその菩提もとを正暦寺より当酒蔵まで持ち帰り、その酒母を使って造られた純米酒です。

    正暦寺HP 正暦寺 菩提もと純米酒





芋焼酎】 里の恵



原材料       さつま芋(平群町産・金時芋100%)・米麹(国産米・白麹)
アルコール度数  25度・40度・古酒 38度
蒸留方法     常圧蒸留

■へぐりの芋焼酎「里の恵」

 平群町の遊休農地対策の一環で生産された金時さつま芋、奈良県産の米、
春日山原始林の地下水など、奈良の素材にこだわり、県内で唯一芋焼酎を
製造している当蔵で、昔ながらの手作業により醸造された本格芋焼酎です。

  通常は食用とされる「金時さつま芋」をおしみなく使い、素材の「甘みや旨み」を
焼酎に取り入れた、他にはないオンリーワンの芋焼酎をめざし製造いたしました。

 [里の恵/25度] [里の恵/40度 原酒] [里の恵/38度 長期熟成古酒] 
とございます。

 ※へぐりの芋焼酎「里の恵」は、奈良県平群町が町おこしの一環として
   企画した地元ブランドの商品です。







流通限定商品
取り扱い店等についてはお問い合わせください。

【梅酒】月ヶ瀬梅原酒



原材料        月ヶ瀬青梅・焼酎乙類・糖類
アルコール度数   20%
エキス分       38%

■月ヶ瀬梅原酒

 普通の梅酒ではひきだせない蜜のようなとろみと甘さ、あとを引く甘酸っぱい余韻。
アルコール度数20%、エキス分38%と通常の梅酒よりもはるかに濃厚な仕上がりになっています。
梅独特のジューシーな甘みを表現するため、一切の割り水も濾過もしておりません。
使用する梅は、奈良県の名勝「月ヶ瀬梅林」の梅です。

月ヶ瀬梅渓は、古く天久二年(1205年)尾山真福寺の境内に天神社を祀り、梅樹を植えたのが
起因と云われています。
当商品は、その梅林から採れた良質な梅の実だけを用い、たっぷりと自慢の三年熟成焼酎に
漬け込みました。




【梅酒】とろとろの梅酒



原材料       西吉野産青梅・焼酎乙類・糖類・醸造アルコール・完熟梅果肉
アルコール度数  10%
エキス分      20%

■とろとろの梅酒

 西吉野産の梅を自家製の米焼酎で漬け込んだ梅酒に、完熟梅のペーストを合わせています。
ほんのりまろやかな梅酒に絡む完熟の梅の実は、桃のようにも感じる甘さです。
すべての素材が一つになった、自信の「にごり梅酒」に仕上がっています。




リキュール】青短の柚子酒



原材料      柚子果汁・醸造アルコール・糖類
アルコール度数  8%

■青短の柚子酒

柚子には単なる柑橘類の酸味だけではなく、果油分に含まれる、まろやかなうまみがあります。
口に含めば、ふわりと感じる香りと旨味、そして優しい酸味があとに残ります。
和歌山県産の柚子を一つ一つ丁寧に手搾りすることによってできた、奥行きのある美味しさです。