清酒 升平 醸造元

八木酒造株式会社


 奈良市高畑町915番地
   TEL  0742-26-2300
   FAX 0742-27-1841
   mail:yagisyuzo@gmail.com

 営業時間 AM9:00〜PM5:00

カウンター

奈良市 奈良ブランド推進課


奈良の食×観光のHP


「奈良時間」


日本酒を味わう時間

 に紹介されています。





■営業日カレンダー■

2018年 1月

1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31




2018年 2月




1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28



が定休日です。





お知らせ



<29年度>新酒「本醸造 しぼりたて」ができました。

<2018/2/3〜2/12> 滋賀県 長浜梅酒祭りに参加します

本醸造 酒粕の販売を開始しました>
<奈良漬用土用粕(踏込粕)の販売を開始しました。4kg入、2kg入とございます


<2017/12/18> 日経新聞「清酒の源、500年後の再興」記事にて
  菩提もとづくりが紹介されました。
<2017/12> KADOKAWA出版東京ウォーカー 1月増刊号「飲みたいお酒。」特集にて
 とろとろの梅酒を掲載していただきました

<2017/6> 愛媛県今治市梅酒全国制覇 きき酒大会参加
  今年度ランキング・スタンダード部門「とろとろの梅酒」が1位を戴きました!
<2017/5> NHKEテレ「趣味どきっ! 三都・門前ぐるめぐり」
 「よみがえる日本初の清酒“菩提泉”」にて奈良 正暦寺・清酒 菩提もとが紹介されました。
<2017/1>雑誌週刊文春にて「味醂 南都桜」を取り上げていただきました







 ― 奈良酒の由来 ―


   「青によし」を枕ことばとする奈良の酒造りは、万葉・記紀の昔、
  「味酒の三輪」に始まり、奈良時代から平城京や東大寺、興福寺、
  春日大社などさまざまな地所で行われていました。

   戦国時代末頃「多門院日記」に記されているように、興福寺を
  中心とした僧坊で酒造りが盛んとなり、今日の清酒手法に繋がる
  三段仕込み・火入れなどの先端技術を確立していきます。

   豊臣秀吉の文禄慶長の役には“南都諸白(すべて白米で仕込んだ
  品質のよい奈良酒)”が献じられ、天下の名酒として広く知られる
  ようになり、江戸時代初期には五万石を製造する大酒造地と
  なっていきました。

   奈良酒が盛んになった一因に、春日大社の神山として古くから
  保護されてきた春日山原始林の豊富で清冽な地下水が、名水として
  利用されていたことが挙げられると「大和名勝志」などに記されて
  います。

   当社は、奈良公園南東、春日山原始林山麓に位置する名水地
  「清水町」にて、江戸時代以前に創業された酒造業「横田屋」を
  明治十年に継承し、長いあいだ奈良の代表銘酒として皆様に
  ご愛飲戴いております。

   この伝統を受け継ぎ、酒造りに恵まれた自然環境と、
  ご愛顧いただく皆さまのお心を大切に、信頼と品質第一の酒造りに
  惜しみない努力を重ねる所存でございます。
  今後も変わらぬご支援を賜りますよう、謹んでお願い申し上げます。



敬 白