八木酒造株式会社


<奈良漬用土用粕(踏込粕)のご予約受付を開始しました。4kg入り、2kg入りとございます。

  詳しくはお問い合わせください


 ◆ 粕漬け(奈良漬)の作り方 ◆
  用意するもの:漬物用の容器、重石、ビニール袋

  ・野菜1に対して土用粕1の割合

  ・塩漬用塩は野菜の1割以上


1.漬けるもの(きゅうり、瓜、なす、大根など)をたっぷりの塩で塩漬けし、重石を乗せ

  冷暗所に置きます。

  2、3日で水分が出てくるので、野菜から水が十分出るまで5日〜1週間漬けます。

2.水気が出た野菜を水でさっと洗い、乾いた布でよく拭き取ります。

3.ざるに並べて半日ほど風通しの良いところで陰干しします。

4.漬物容器にビニール袋を敷き、底に土用粕の粕床を薄く敷き、塩漬けした野菜を

  隙間なく並べ、更に粕床を乗せ、また野菜、と順番に隙間なく漬け込みます。
5.最後に残りの粕床を隙間なく乗せたら、袋の空気を絞り出し、輪ゴムで密閉します。
  さらに蓋をして、冷暗所で保存します。


  ・早ければ1〜2カ月で塩味の強い浅漬けとして食べられます。

  ・冬を迎えるころに塩分が抜けて、奈良漬らしいべっ甲色に色づいてきます。

  ・長く漬けるほど濃い色になっていきますが、暖かくなれば、冷蔵庫で保管する

   ようにしてください。

  ・歯切れの良さは塩漬けの段階で決まりますので、しっかり漬けてください。

  ・吟醸の踏込粕は水分が多いので、柔らかさが気になる方は、米糠を混ぜて

   粕床のかたさを調整してください。

  ・甘口の奈良漬がお好みでしたら、粕床にザラメや砂糖、みりんなど甘みを加えます。


  ◎冬までに何度か新しい粕床と入れ替えると、アルコール度が高い奈良漬になります。

  ◎残った漬け床に塩サバ、塩シャケやたらこなどをガーゼに包み3、4日漬けると、

   美味しい粕漬けが召し上がれます。